「四十九院」とは天界にある「兜率天浄土」の内容のことです。
お釈迦様は前世はここで修行されて仏(如来)となり、この世に
生まれて人々を救うために仏教を広げられました。
いわば四十九院は「成仏のための道場」です。
今はお釈迦様の次に仏(如来)となるため弥勒菩薩が
「四十九院」に住んで修行され、五十六億七千年後に
この世に生まれる(下生する)、とお経に説かれています。
兜率天に生まれることを「兜率上生」や「兜率往生」といい、
古代インド仏教以来人々が「成仏」するためあこがれた浄土でした。
中国にも同じ信仰があります。
こぢ日本では、「聖徳太子は兜率天浄土へ往生された」と
信じられています。
太子の亡き後に橘夫人は太子をしのんで「天寿国繍帳」(国宝)を
作られましたが、それは「兜率天浄土」を描いたものといわれます。

「兜率浄土」を最も有名にしたのは弘法大師・空海です。
空海の遺言(『御遺告』)に「入定後は兜率天に往生し、
五十六億年後に弥勒とともに下生する」とあり、
今も生きて入定し修行している、と信じられています。
それで高野山の奥の院は「弥勒浄土」として人々の
厚い信仰を集めていますし、古くから「日本国総菩提所」 といわれ、
戦国大名はじめ各宗派の祖師や高僧の石塔や
供養塔が何万基も建っています。
それらはみな兜率往生し大師とともに成仏することを
願ったものです。
平安時代に藤原道長は、わざわざ高野山に登り「弥勒下生経」
というお経を「経筒」に入れて埋め(埋経)、死後、兜率往生して
大師とともに成仏することを願ったと「栄華物語」に出ています。

奥の院の石塔で注目されるのは戦国大名たちの
「四十九院」の玉垣(外柵)を持つ五輪塔の立派なお墓の多いことです。
「四十九院」とは兜率天内宮にある四十九の宮殿寺院で、ご本尊がいますから四十九の院の
名前と本尊の名前があり、その配列順番も決まっています。そうした院名や尊名を刻字した
玉垣をめぐらしお墓を「四十九院墓」といいます。
特に弥勒菩薩の手に結ぶ「印」が「卒塔婆印」とか「塔印」ですから、仏塔は「宝塔」か
「五輪塔」が多くなります。
四十九院はインドや中国、古代日本以来の、もっとも由緒あるお墓として、また往生と成仏の
お墓として、各宗派で尊重されたお墓です。



TOPページへ